« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »

2009年4月26日 - 2009年5月2日の投稿

2009年5月 2日 (土)

いちご

庭の が実りましたhappy01

P1030936

| | コメント (6)
|

2009年4月29日 (水)

早っ!!!

なんと、まぁくん退院しましたeye
ご心配いただいたみなさま、ありがとうございました。
日曜日に手術で、4㎝切ったのに。
驚異の回復力です。
盲腸は、ガスdashがでないと退院できないという話をききますが・・・・
そこで、まぁくんに聞いてみた。
・・・翌日・・・月曜日には出たよdash。。。。だってsign03
早すぎじゃcoldsweats02
もう普通にご飯riceballも食べれるし、もちろんシャワーも大丈夫らしい。
急性虫垂炎の手術ってそんな簡単なのか~????
GW前に退院できてよかったけど・・・
今週いっぱいは自宅療養だって・・・
病院もベッドが足らないようでgawk
・・・・もうちょっと入院しててくれても・・・・smile smile smile

| | コメント (10)
|

2009年4月28日 (火)

回復

だいぶ、回復したまぁくん。
昨日は朝からパソコンを届けた。
今日は、朝から、髭剃りを届けた。
そっか・・・
男ってひげそりが必要なんだ・・・・

はなこ、いつもより早く家を出て、病院に着いたのは8:05頃。
到着確認の機械の前にはすでに、20人ほど並んで待っている。
診察って9:00からだよなぁ・・・・
しかも、予約だから並ばなくても・・・・
不思議だぁ・・・・・gawk

さて、まぁくん、今日は点滴が外れて身軽になっていたhappy01
ご飯は7分粥。
痛みはまだあるようだ。
同室の人はみんなおじさん・・・・
全然会話もないようで・・・・coldsweats01
持っていったパソコンも大部屋では使えない。
パソコンが使えるのは、特別室(+8400円の部屋)だけだったのです。
残念sad
退屈そうでしたsmile



| | コメント (6)
|

2009年4月27日 (月)

ぬいぐるみ

今日のまぁくん。
尿管も外れ、ベッドに座っていた。
病院のパジャマではなく、自分のパジャマに着替え、部屋も大部屋にお引っ越しhappy01
あとは、点滴だけ。
ご飯も5分粥。。。全部たべたらしい。
ややゆっくりではあるが、歩きまわれるようにもなった。
とける糸なので、抜糸もないようだし。。。

はなこのお腹には12㎝の縫いあと。
まぁくんは横腹に4㎝の縫いあと。
へへへsmile smile smile
まぁくんもぬいぐるみの仲間入りscissors

| | コメント (2)
|

はなこ怒る

今朝、精算をするためにNヶ丘病院へ。
でも黙って帰るはなこではないannoy
受付で、「院長でも事務局長でもいいから話のわかる人を呼んでください」と申し出。
接待室に行き、昨日の流れを話した。
病院側は、その時の当直医は常勤ではないドクターで、派遣で月に1回くらいくるドクターだとのこと。
「常勤ではないにしろ、私たちはこの病院に来たわけでしょう。
ここの病院のドクターとしか見ないですよ。」
「医者が言う言葉じゃないでしょう。」
「素人目にもおかしいとわかるのに、しかも本来なら病状が落ち着くまでベッドに寝かせるとかするべきでしょう」などなど・・・
最後にやっと謝ってくれて、そのドクターにも注意dangerをしておくと。。。
そして、はなこは入院手続きに大学病院hospitalへ向かったのでした。

| | コメント (4)
|

2009年4月26日 (日)

長い1日・・続き

夜間救急外来に到着後、すぐに内診血液検査が行われた。
当直の若いドクターいわく、注射が効かない自体がおかしい。
・・と、ほかの病気を疑ったようだdanger
案の定、血液検査の結果、白血球の数値が2倍ちかくまで上がっている。
盲腸かも・・ですね・・とすぐにCT
超音波検査
ビンゴsign03
急性虫垂炎だ。
しかも、石灰化しているらしい。
薬での治療は難しい状態think。。。
当直のドクター以外に2人のドクターも加わり、親切に説明してくれた。
入院・手術を嫌がっていたまぁくんも観念wobbly
破裂する可能性もあるとのことで、手術決定
すぐに、オペ室の手配・病室の手配・・・術前の検査・点滴などの準備。
手際がいいrecycle
そして、このまま入院・・・といわれたのだが、まぁくん、「どうしても今日中にしなければならないことがある。。。」と、無理を言い、1時間だけ家houseに帰る時間をもらった。
いろんな検査が終わったのは8時過ぎ。
いったん家に帰り、病院へ戻る。
すでに病室が用意されていた。
12時・・・・手術室へ。
はなこは病室でまだかまだかとまぁくんの戻りを待つ。
何かあるといけないので、家に戻るわけは行かない。
15時になろうとしたとき、執刀したドクターが部屋へきた。
切り取った虫垂を見せてくれ、ホワイトボードを使い、丁寧な説明。
そしてやっとまぁくんが戻ってきましたhappy01
無事でよかったよぉweep
まぁくん・・・かなり痛がってました。
結局、はなこは夕ごはんを病室で済ませ、面会時間の20時までいたのでした。

1日・・長かったぁwobbly
さすがに眠くなってきたぞsleepy・・・

| | コメント (8)
|

長い1日

今年2回目の潮干狩りsign03。。。。といいたいところだが、まぁくん緊急入院hospital
土曜日の夜、おなか痛いとまぁくん。
いつものことだし・・・・とあまり気にしなかった。
夜中3時ごろ、「はなこ・・・病院hospital行く・・・」と起こされた。
病院嫌いのまぁくんが夜中に自ら…これは、よほどのことだcoldsweats02
すぐに起き、とりあえず、近所のNヶ丘病院。
救急病院なので、夜間受け付けもある。
眠そうな顔で診察にきたのは消化器外科のドクター。
触診のみ。。。。
あとは、看護師さんによって、
痛み止めのブスコパンの注射
そして過敏性症候群の薬を飲まされた。
だが、痛み治まらず、効き目の大きい筋肉注射
全部で30分くらいの診療。
そして、ドクターはとっとといなくなってしまった。
そして、はなこたちも、追い出されるような形で帰らせられた。
houseにもどる。
注射をしてから、1時間。
いっこうに痛みは変わらず。おかしい・・・・
電話をかける。
すると、驚くことに、「もう1本注射を打ってほしければ、来てもいいですよ」と。
おまえはそれでも医者かぁぁぁannoyannoyannoy
「いいです。ほかの所に行きますsign03」と、ガチャっと切ってやった。
そして、はなこが頼るところは、もちろん大学病院
「処置できなかったようなので、こちらで処置しますよ」とweep
最初から大学病院へ連れて行くべきだった。。。。
大学病院へ着いたのは、朝5時半ごろ。



| | コメント (0)
|

只今

まぁくん手術中m(..)m まだ出てきません。
・・・13:26 病院から・・・

| | コメント (0)
|

« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »